ベルセリア1 ::: 2016.08.30 Tuesday

 

 

 

20日に始めました

のんびりしたペースでエンディングまで少しというところまできました

サブクエストの回収もしたいので時間かけてもいいなと思いつつ

エンディングが気になって仕方ないです

 

数日やってから前作ゼスティリアと世界設定が同じというのをちらほら聞いて

実況動画見つつ、ウィキペディア参照にしていきたいなと思います

ゲーム内の文献や情報を補完

 

 

 

 

 

 

 

→霊応力の研究(伝来不明の古書)

本来、――を認識するためには、業魔を認識するよりも

強い霊応力が必要となる

 

怪物、魔物の伝承に比べて、彼らにまつわる伝承が極端に少ないのは、

このことが一因である

 

また、災厄の源泉である――の認識については、

霊応力だけでなく聖主の領域によって左右され――

 

これ以上は文字が塗りつぶされていて読めない・・・

 

 

 

→ウェイストランド概説

我々が住む世界全土は、太古より荒野――”ウェイストランド”と呼ばれてきた

 

ミッドガンド王国はウェイストランドに広がる異海と呼ばれる

大洋に囲まれた大陸と諸島からなる

 

異海を越えた先には異大陸があるといわれるが、

辿り着いた者はおらず、その実体は不明である

 

 

 

→世界の三大奇病

原因不明の病はいくつもあるが、治療不可能として

知られるものが『三大奇病』である

 

『業魔病』・・・人が突如魔物に変わる病

開門の日以降に世界に蔓延した

 

『黒水晶病』・・・人間が生きたまま黒水晶の塊になってしまう奇病

 

『十二歳病』・・・発熱を繰り返し生後十二年で死亡する奇病

 

人ならぬ者を見たためにかけられた

”呪い”ともいわれる

 

 

 

→王国の人口推移

アスガード戦国期と呼ばれる戦乱を制して

成立したミッドガンド王国は、大陸統一後、

約100年にわたる平和をもたらし、

総人口120マンを誇るに至った

しかし10年前の”開門の日”以降、業魔病によって人口は激減

7年の間に国民の半数以上が死亡した

だが、聖寮の成立によって、人々の生活圏は都市レベルで確保され、

人口減少には歯止めかかっている

現在人口は都市部に集中しているが、王国の管理から外れた

辺境民も一定数存在していると思われる

 

 

→対魔士と伝承(聖寮文書)

対魔士とは、聖主カノヌシの加護によって

高い霊応力に覚醒した者たちである

聖主より霊応力に応じた聖隷を付与され、

”それ”を使役して超常の力を行使する

この特異な能力は、古代よりごく少数の人間に顕現していたと思われる痕跡がある

 

救世主、魔導士、錬金術師・・・または、

霊媒師、イカサマ師、悪魔使いと呼ばれた人々

彼らの中には、対魔士と同種の力をもった者がいたと思われる

 

 

→対魔士の等級(聖寮文書)

現在、二等対魔士約3000人、一等対魔士約100人が活動している

また、特等対魔士として以下の3名が登録されている

S−3:アルトリウス・コールブランド

S−2:メルキオル・メーヴィン

S−5:シグレ・ランゲツ

 

 

 

→英雄王言行録

理を乱すのも人なら、超えるのも人

理を超えて願い思う理想こそ人の力なり

 

人よ臆せず生きよ、心に希望あり

明日に希望あり

 

 

 

 

約800年前

我が大陸は、異大陸の軍勢に制圧、支配された

ほとんど記録が残っていない以後の500年間を暗黒時代

クローズドダークと呼ぶ

 

300年前、この暗黒時代を終わらせ、

全土を再統一した英雄が、クローディン アスガード王である

 

ミッドガンド王国は、クローディン王の一族

アスガード王家の末裔を名乗っている

 

 

→アルトリウスの師匠

クローディン アスガード

クローディンが作った剣技

 

風変りなマントをきていた

火のように強く

水のように周囲を潤し

地のように揺るがす

風のように自由で

アルトリスを守って死んだ

 

 

 

 

→カノヌシの文献

8つの首を持つ大地の主、7つの口で穢れを喰って

無明に流るる地の脈伝い、いつか目覚めの時を待つ

 

4つの聖主に裂かれても、御稜威に通じる人あらば

不磨の喰魔は生えかわる、緋色の月の満ちるを望み

 

忌み名の聖主心はひとつ

忌み名の聖主体はひとつ

 

 

8つの汚れ溢るる時に、嘆きの果てに彼之主は

無間の民にいきどまり、いつぞの姿に還らしめん

 

4つの聖主の怒れる剣が、御食しの業を切り裂いて

二つにわかれ眠れる大地、緋色の月夜は魔を照らす

 

忌み名の聖主心はひとつ

忌み名の聖主体はひとつ

 

 

御稜威:みいつ

神の威光に敵う者

 

 

→人間が喰魔になる

人間の穢れが溢れることで業魔になる

喰魔を殺しても何度でも生まれかわる

カノヌシの復活のために必要な業を喰らう魔は8つ必要である

 

適応される人間が喰魔との融合が出来る(例:テレサ)


| 1/1PAGES |

selected entries

 

categories

 

archives

 

links

 

profile

 

others

 

無料ブログ作成サービス JUGEM