スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ToSオープンベータ3

 

 

75れべるにしてようやく50IDに行ってきました

弓なのでSPポットがぶ飲みとHP3500〜が必要といくつかのブログで

見ましたので頑張ってCON上げしました

全サーバーの人とマッチングするみたいでサクサク始まりました

 

 

 

ヒラさんがいる分にはいいですが、いないとHPポットないとつらいですね

プレミアム+経験値アップの書を使いまして3回行って75→80になりました

50になって毎日やったらもしかしてすぐに三桁あたりまで上がったのでは・・

 

 

無事80ということで転職!

まだ行ったことないマップなので走りきってやりました

R4なので、シュシュまで先が長い

 

 

 

ツリーオブセイヴァーのいいところは雰囲気

遺跡や廃墟、墓地が結構多いので

個人的に気持ちがインディージョーンズです

 

 

 

 

 

ToSオープンベータ2

 

 

気づけばレベルが45になりました

クラベダと違って水晶くらいの適正が長めのダンジョン、というか

敵が沸いているフィールドがないため

50にするまではサブクエストの消化で貰えるEXPカードをもぐもぐ食べました

EXPカードは取っておくほうがよいという意見も見ましたが

 

 

いやいや序盤はまだしも途中から使ってレベルあげないと死んで詰むだろ

先すすめないかんね?っていう感じです

 

 

ラグも多いので出し惜しみしても仕方ないような気もしました

クローズドベータで貰える経験アップのアイテムもありますし、

50からはそれを使いつつ野良ときゃっきゃっ遊べたらいいなと思います

 

 

何気なくイラっとするのはムービー中からの静止からの戦闘中におけるラグ

こういうかんじの、必須ムービー中にバグではないにしろ

凄まじいラグが起こることがあるのでメインクエストを進める時は

周りのお掃除大事

 

 

 

 

1年ぶりの自分のキャラクター

やっと戻ったなと実感

 

ToSオープンベータ1

 

 

 

24日にキャラクタークリエイション始まりました

25日15時すぎにサーバー(以下鯖)が公開、すぐにログイン戦争となりました

25日1鯖と呼ばれるライマがメンテナンス

 

25日に2鯖と呼ばれるジェミナで開始しました

 

 

 

いやなんかもう1年前のクローズドベータやって以来だから

すごいすごい楽しみにしていたのですけれど

いざこうメンテナンスとFPS強制落下と強制鯖落ちとかあると

さすがネクソンだぜって安定感と共に不安です

いいゲームなのにもったいな気もします

 

 

 

UIなどは特に変わった様子もなさそうです

操作方法はキーボードしかないのか!とよく耳に目にしますが

設定で キーボード / マウス / パッド の3種類ありますので変更して下さい

なお個人的にマウス操作しておりますが クリック が思いの外曲者です

 

ツリーオブセイヴァー(以下ToS)内では移動手段のひとつとして

女神像があります。それぞれが鯖の名前が女神であり、ToS世界の象徴でもあります

その女神像は活性化させることで使用可能になります

周囲に訪れることで簡単に活性化は出来るのですが、移動する際にクリックをします

しますができておらずカチカチゲーが始まります

この時に他者が女神像に被っておられるだけで、名前を誤クリックすることが多いです

なんでしょうねこのマウスに対するダメ推し感

 

 

文だけでは味気ないのでスクリーンショットとってきました

 

 

 

どの子にしようかなといろいろ悩みますが

クローズドベータでもやっていた弓にしました

服が可愛いんですよ、好きな装備で選ぶのもありだと思います

 

ソロだとクレリックがよいそうです

回復も攻撃も防御もできるそりゃあそうだ

で降り立ったらどこ見てもクレリックで笑いました

 

 

街の選択肢が増えました

クラペダはクローズドベータでさんざん遊び倒したので

今回はオルシャからスタートしました

 

 

クラペダスタートの方でもオルシャにこれるし、フレンドさんとも

ちゃんと合流はできるので気にしないで大丈夫だと思います

 

 

 

クラペダだと水晶あたりまでサクサク

オルシャはクラペダよりも敵の沸きが多い印象とクエストレベルが高いようです

どちらも街並みは綺麗ですが、ネコ多めのクラペダが恋しいとも思います

 

 

 

数日経ってもログイン戦争が落ち着かないようで

土日はほぼあきらめて平日にしていますが、それでも待機人数が

900人前後待たないといけないのは悲しい現実ですね

 

 

そんなときはお布団で寝ましょうね

 

 

 

 

 

 

 

1